2012年04月05日

料理通信2012年5月号

今週はすごい突風が吹きましたね。
リフージョではつい先日満開になった木蓮と杏の花をお客様に楽しんでいただく間もなくあっという間に散ってしまいましたが、
01mokuren.JPG
2年前の開店準備中に種を蒔いたアスパラガスがやっと食べられる太さになって出てきたり、
01asparagi.JPG
これもまた開店準備中に種を蒔いてからすくすくと育って今や花壇を飛び越え庭のそこここで野生化しているイタリアンパセリがまた増えていたり、
01parsl.JPG
毎年春になると黄色い花を咲かせてくれる名も知らぬ野の花が目を楽しませてくれたりしています。
01yellow.JPG

さて、現在発売中の「料理通信」2012年5月号の特集『100人のシェフに聞く「必要とされる店になるために」』内で、イル・リフージョ・ハヤマが紹介されています。僕の信頼するライターさんである井川さんが、僕の長い長い不器用な語りを、さすがの技でまとめてくださいました。
http://r-tsushin.com/chef/055/

先日、中田英寿さんにご来店いただきました。
01Sig.Nakata2.JPG
どなたかのご紹介かと思いきや、ご自身でリサーチされて、「リフージョに行ってみたい」と思ってくださったとのことで、感動しました。ちょうど僕がイタリアにいた時期に中田さんもイタリアのセリエAにいらしたので、サルデーニャのカリアリのスタジアムにカリアリVSフィオレンティーナの試合を観にいったことや、サルデーニャのリフージョの常連さんであるゾーラのこととか、現地で放送されている日本のアニメでイタリア語を勉強した話とか、イタリア料理や飲食業についての話や、農家巡りの話など、色々お話をさせていただきました。
スタジアムでは米粒くらいの大きさにしか見えない距離だったのに、こんなに近くでお話できて、しかもイタリアで長年過ごして本場の味をご存知の方に料理を作るということが、とても励みになりました。イタリアでの修行時代、同じように異国にきて、こんなにも活躍している日本人がいる、ということで僕も頑張ろう、と思えたので、当時の中田選手の存在は、心の支えでもありました。とにかく物腰が柔らかく、きめ細かく気を遣われる方で、素晴らしい方だなぁ、と思いました。ありがとうございました!!!
posted by ilrifugiohayama at 18:05| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと似てません?兄弟みたい。。。
うちのカミさんもパルマの時に現場のレストランでお会いしたようです。お二人とも素敵です。
Posted by 西留 at 2012年04月10日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。