2014年01月29日

イタリア研修旅行‐サルデ−ニャ

サルディーニャに着いてすぐ、僕を待っていてくれたかのように一年に一度の豚(今回は11頭)を加工しながらその場で焼いたり煮込んだり、お酒を飲み交わすお祭りがありました。(頭数が多いこともあり、前回のバッサーノの時よりも過激でした・・・)
01sar.JPG
こういうお祭りは少なくなっており、このGiGiさんのお祭りはヌオーロの人が楽しみにしている行事の一つです。
01sar1.JPG
新鮮な豚のハツを背脂で巻いて炭火焼に
01sar3.JPG
シンプルで美味しそうでしょ!?
2013it8.JPG
豚を頭から爪先まで、血の一滴も無駄にせず食すサルデーニャの人にとっては豚の乳首もご馳走です。シコシコして脂と肉と皮の絶妙な食感と甘味が美味しい部位です。
01sar8.JPG
香味野菜と茹でているところ
01sar2.JPG
豚を加工している合間に揚げ菓子を作ります
01sar6.JPG
サルデーニャ版ドーナツといったところでしょうか
01sar5.JPG
300人近い人が集まったので、ポレンタも30kgを2回に分けて作りました。始まったら20分以上混ぜ続けなければなりません(作った事がある方はわかりますよね・・・)両腕にかなりの負荷がかかっています!!!
写真のブレ具合で臨場感が伝わりますでしょうか!?
2013it7.JPG
出来上がったポレンタは、プルプーザ(ゴルゴンゾーラと生クリームと豚のミンチ)と豚肉のミンチとスーゴ(トマトソース)のビアンコ・エ・ロッソで食べます。本来は大きなコルクのお皿に盛って、皆でつついて同じ釜の飯を喰うスタイルで食べるお祭りの料理ですが、今回はあまりに人数が多かったので、個々盛りにしました。
01sar7.JPG
ヌオーロの本家イル・リフージョのオーナーシェフ、シルベリオと300人分の料理(6種類)を力を合わせて作り終えました!! ん〜達成感!!
2013it6.JPG
翌日は、前日から吊るしておいて血や水分を抜いた豚肉でサルスィチャやプロシュート、パンチェッタを仕込みました。
2013it5.JPG
「紅の豚」に出てきそうなシーンでしょう!?
僕の幼少期も近所の公民館でこういう光景をよく見たなー。懐かしい!!
01sar4.JPG
posted by ilrifugiohayama at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。