2013年07月23日

月刊専門料理 2013年8月号

今日も暑いですね!

現在発売中の「月刊専門料理」のパスタ特集内で、乾燥パスタと手打ちパスタの料理4品を取材していただき、掲載されています。
その中の手打ちパスタ「ピーチ」を作る様子を、パラパラ漫画のように撮ってみましたわーい(嬉しい顔)

SR.JPG

♪♪
SR1.JPG
♪♪♪
SR2.JPG
♪♪♪♪
SR3.JPG
♪♪♪♪♪
SR4.JPG
♪♪♪♪♪♪
SR5.JPG
この作業をひたすら繰り返します。手間のかかる作業ですが、皆様のお顔を思い浮かべながら、一本一本丁寧に延ばしています。
そして乾麺の部では構想3年の新作もご紹介!
SR6.JPG
思い出深いサルデーニャの「神の糸」という意味のフィリンデゥというパスタもご紹介しています。
スパゲティーは日本人の日常にとっても馴染み深いものになっていますが、イタリアにはイタリア人ですら全種類は知らないほどたくさんの種類のパスタがあるんです。ぜひ読んでみて下さいぴかぴか(新しい)
posted by ilrifugiohayama at 12:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

鮎のやな

まだ7月の始めだというのに、暑いですね!!!
皆様に少しでも涼しく感じていただけるように、僕の地元栃木県の華厳の滝の写真を載せます
01ayu.JPG

夏はやっぱり鮎!ということで、小さい頃から通っている「岡本観光やな」に行ってまいりました。
01ayu1.JPG
たらいの中でピチピチと踊るほど生きの良い鬼怒川の鮎を炭火でじっくり焼いてくださいます
川からの風を感じながら焼きたてにかぶりつく幸せといったら!!!!!
01ayu2.JPG
7月12日金曜日の20:00〜NHKで放送される「キッチンが走る!」という番組に出演されるそうです。
皆さんぜひ見てみてくださいね!
01ayu3.JPG
さて、ある休日には庭で毎年恒例の、仲良し末冨さんや後輩とのBBQをしました
01ayu12.JPG
最近、炭火焼は究極の調理法だな〜と思い、改めてはまっています。単純なようでいて、食材の目利きからもちろん重要ですし、せっかくの良い食材のもつ旨味と香りを逃さないように保存、下ごしらえをして、程よい加減に焼き、真ん中のジューシーさと表面の香ばしさのバランスがちょうど良い塩梅に保たれるように仕上げる、というのは職人技だと思うんです。
佐島のタコも、串焼きにして豪快にかぶりつきます。
01ayu9.JPG
せっかく皆が集まってくれたので、サルデーニャでお祝い事やお祭りの時に必ず食べるポルチェッドゥ(仔豚の丸焼き)を焼きました。塩を塗って一昼夜おいて余分な水分を出してから、じっくり焼き上げるので、皮が北京ダックの皮のようにきめ細かくパリパリで美味しいんです。
01ayu10.JPG
左側は恵比寿「バッカーノ」でシェフを務める中口、右側は六本木「CROSS TOKYO」でイタリアン部門のシェフを務める高橋です。
01ayu11.JPG
前回ご紹介した茄子がこんなに立派に成長しました
01ayu4.JPG
収穫したてをお出しできるのはなによりも嬉しい瞬間です
01ayu7.JPG
これはズッキーニの花。モッツァレラやアンチョビを詰めて揚げると美味しいんですよ。
01ayu5.JPG
トマトも鈴なりです
01ayu6.JPG
こちらは黄色いトマト
01ayu14.JPG
こちらは紫色のトマトです
01ayu15.JPG
左上はサンマルツァーノ。加熱用のトマトです。
01ayu16.JPG
梅雨が明けたので梅干を干し始めました!
01ayu8.JPG
くちなしの花も次々と蕾を開き、昼も夜も良い香りを放って楽しませてくれています
ご来店の際には石段を上りつつ、深呼吸をしてみて下さいね!
01ayu13.JPG
posted by ilrifugiohayama at 18:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

日本テレビ「メレンゲの気持ち」

明日、6月22日土曜日お昼12時からの日本テレビ「メレンゲの気持ち」の石塚英彦さんの‘通りの達人’というコーナーで、イル・リフージョ・ハヤマが紹介される予定です。何度お会いしても美味しそうに召し上がるお姿に新鮮な感動をおぼえます。前回いらっしゃった時は湘南豚のリフージョ風カツレツをお出ししましたが、さて、今回はなんだと思いますか!?
01mering.JPG
それにしても、だいぶ気温が高くなりましたね。
やっと梅雨らしい雨が続き、庭と新設した小さな畑が潤いました。
今年も摘みたてのバジルを使ったお料理がお出しできるようになりました。
01natsu3.JPG
色とりどりのトマトやパプリカ、茄子にタイムも植えました。
01natsu5.JPG
何年も前ですが、山形にあるアル・ケッチャーノでいただいた、樹上で完熟させて摘みたてであるトマトで作ったというトマトソースの香りが素晴らしくて鮮明に記憶に残っています。リフージョの料理には、プロの農家さんが作った野菜を主に使っていますが、そこに庭でできた摘みたてのものが少し入ると、鮮烈な香りの層ができて、食後の余韻が長く残る気がするんです。野菜を育ててそれを生業とする方々の大変さも感じられますし、そういう意味で、素人ながら、畑を少しずつ増やしました。
僕の大好きなフィノッキオ
01natsu6.JPG
ズッキーニにカルチョフィ
01natsu7.JPG
春に種をまいたタイムもやっと少しずつ成長し始めました
01natsu10.JPG
今年は猛暑になりそうなので、本格的に暑くなる前に、店内に暑さ対策を施しました。
あまりに暑くなったら陽射しを遮ることができるように、窓辺にすだれをつけました。
なかなか風流でしょう?
01natsu.JPG
アンティークの窓の向こう側にも、いつもの建具屋さんにお願いして、網戸をつけていただきました。
ご夫婦でお仕事される後姿が素敵ですね。
01natsu1.JPG
窓を開け放すと気持ちの良い風が通り抜けるので、蒸し蒸しも少し和らぎます。
01natsu2.JPG
梅雨の雨と梅雨の梅!
01natu.JPG
今年は梅干作りにもチャレンジしています。
01natu2.JPG
posted by ilrifugiohayama at 07:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。